クレジットカードの種類の違い?国際ブランドやグレードなどの特徴

いろんなクレジットカードクレジットカード
スポンサーリンク
ぽろ
ぽろ

こんにちは、ぽろです。

キャッシュレス決済の定番と言っていい位置づけのクレジットードには、いろいろなカードがあります。クレジットカードの国際ブランドやカードのグレードについて解説します。

クレジットカードの種類

世の中には様々なクレジットカードが発行されていて、どのクレジットカードをポイント還元率がお得とかこんな使い方がお勧めなど、いろいろな論争されています。

クレジットカードの種類はとにかく多く、発行会社によって自社サービスや商品の購入がお得になるカードや国際ブランドによって使いえない場所があったり、カードのグレードによって更に上の特典を受けることができるなど違いがあります。

 

発行会社の違い

クレジットカードは発行会社には、「金融系」、「ガソリン系」、「ネット・通信系」、「航空・交通系」、「小売店・コンビニ系」などに分けられます。

それぞれ発行会社によって特色があり、「小売店・コンビニ系」ならば自社店舗で買い物するとポイント倍増といったポイントアップや「ガソリン系」ならガソリンの割引、「航空系」ならマイルが貯まりやすい、といった違いがあるので自分のライフスタイルに合ったサービスを利用できる発行会社のカードを選ぶのがお勧めです。

 

国際ブランド

クレジットカードには、「国際ブランド」というものがあります。

「国際ブランド」とは世界的に決済機能を提供している会社のことです。「国際ブランド」の決済機能は世界中で利用することがでるので、どの国で発行してもカード決済が使えます。

ここでは日本で主に発行されているブランドについて簡単に解説します。

 

VIZA

VISAカードは、世界シェアトップの国際ブランドです。

VISAブランドが付いたクレジットカードを保有していれば、海外での支払いで困ることはほとんどないので、海外旅行や海外出張に行くなら1枚は持っておくとよいでしょう。

 

MasterCard

MasterCardは、VISAに次いで世界シェア2の国際ブランドです。

MasterCardもVISA同様、国内でも海外でもクレジットカードが支払いができるお店ならほぼ支払いできるのでしょう。

MasterCardとVISAカードの両方持っていれば、国内でも海外でも決済で困ることはほぼないと言えるでしょう。

 

JCB

JCBカードは国際ブランドの中で唯一の国産ブランドです。

VISAやMasterCardに比べると海外での加盟店数は劣るため、使えない国もあるので海外に行く場合はJCBカードだけでは不安があります。

国産ブランドということで、日本国内では買い物や国内旅行などでは問題なく使うことができます。

JCBはアメリカン・エキスプレスとダイナースクラブカードとは提携関係にあるので、JCBの加盟店でなくとも、アメリカン・エキスプレスとダイナースクラブカードの加盟店であればJCBで決済することができます。(全ての加盟店で決済できるわけではない)

 

アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレスはステータス性の高い国際ブランドとして人気があります。

アメリカン・エキスプレスは他のカードに比べると年会費が高めになっていますが、カードに付与されるサービス内容や多彩な特典が用意しています。

海外ではアメリカン・エキスプレスで決済できない場合があるので注意しましょう。JCBと提携しているので、JCB加盟店で決済することができます。(全ての加盟店で決済できるわけではない)

 

ダイナースクラブ

ダイナースクラブもアメックス同様にステータス性が高い国際ブランドです。世界で初めてクレジットカード発行したと言われる老舗です。

海外ではダイナースクラブで決済できない場合があるので注意しましょう。JCBと提携しているので、JCB加盟店で決済することができます。(全ての加盟店で決済できるわけではない)

 

カードのグレード

クレジットカードにはゴールドカード・プラチナカードといったグレードがあり、年会費や特典・優待内容、付帯保険などが異なります。

グレードが良いカードは年会費が高くなるが、受けれるサービスが良くなります。

カードのグレードについて簡単にまとめます。

 

一般カード(クラシックカード)

一般カード(クラシックカード)は、年会費が無料のカードから数千円程度の年会費でもてるカードのことです。

はじめてクレジットカードを作る方などはまずは一般カード(クラシックカード)から使ってみてるのがいいでしょう。

 

ゴールドカード

ゴールドカードは券面が金色になっているクレジットカードです。

ほとんどのゴールドカードは年会費が必要になります。一部無料のカードもありますが、基本は年会費が掛かります。

その分受けるれるサービスは豪華になります。

 

プラチナカード

プラチナカードはゴールドカードよりも高いグレードのクレジットカードです。

ゴールドカードよりも年会費は高くなり数万円はします。そのぶん受けれるサービスはより手厚くなり、海外旅行、国内旅行の保険自動付帯でついていてます。

自分で申し込むことができるプラチナカードもありますが、審査の基準が厳しいためなかなか審査に通りません。基本はカード会社からのインビテーション(招待)によって発行されます。

 

ブラックカード

ブラックカードはプラチナカードのさらに上のカードで、ごく一部の限られたお金持ちやが持てるクレジットカードです。

最高ランクのカードで、発行枚数も少なくサービス内容も一般に公開されていないカードです。

カード会社からのインビテーション(招待)によって発行されます。

 

まとめ

クレジットカードは多くの種類のカードが発行されているので、自分のよく使うお店に関連するカードで、国際ブランドはVISAかMasterCardで年会費無料のカードから使ってみるのがいいでしょう。

年会費無料のカードで物足りなくなってきたら上のグレードのゴールドカードに切り替えてみましょう。プラチナカードのインビテーション(招待)が来るようになるとすごいですね。

また、クレジットカードの審査になかなか通らない方や、18歳以下の方はデビットカードを検討してみてはどうでしょう。

デビットカードとは、クレジットカードとの違やメリット・デメリットを見る
クレジットカードと似たカードにデビットカードというカードがあります。分かる人には分かるけど、分からない人には分からない違いについて簡単な説明します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました