ロボアドバイザー【THEO(テオ)+docomo】は資産運用しながらdポイントを貯められる!【THEO(テオ)】との違いは?

THEO(テオ)+docomo アイキャッチロボアドバイザー
スポンサーリンク
ぽろ
ぽろ

こんにちは、ぽろです。

ロボアドバイザー【THEO(テオ)+docomo】は資産運用しながらdポイントを貯められる便利なサービスです。本家、THEO(テオ)との違いなどを見てみたいと思います

 

THEO(テオ)+docomoとは

THEO(テオ)+docomoとは、ロボアドバイザー投資で有名なTHEO(テオ)とNTTドコモが業務提携を行って提供しているサービスです。

THEO(テオ)+docomoの特徴は、資産運用しながらdポイントが貯められるという点です。投資で儲けながら、ポイントも稼げるという利益の2重取りができることです。

ドコモユーザーには非常におトクな制度となので、これからロボアドバイザーで投資を試してみたいと思っているドコモユーザーの方にはおススメです。

 

THEO(テオ)とTHEO(テオ)+docomoの違い

THEO(テオ)とTHEO(テオ)+docomoには、基本的な投資しシステムには違いはなく同じ条件で資産運用ができます。

手数料なども共通で、預かり資産額の0.65%~1.00%(税別・年率)だけで、入金・出金時の手数料や為替手数料、ETF売買の際にかかるETF取引手数料なども全て0円となっているのでシンプルな手数料体系となっています。

ただし、手数料の割引条件に関しては違いがあります。

 

THEO(テオ)運用システム

THEO(テオ)のロボアドバイザーは、無料診断によって、231通りの中から一人ひとりにあったポートフォリオを構成し、AIが自動で資産運用をしてくれます。

ポートフォリオには「グロースポートフォリオ」、「インカムポートフォリオ」「インフレヘッジポートフォリオ」があり、この3つのポートフォリオを無料診断によって出された結果をもとに運用します。

  • 「グロースポートフォリオ」は積極的なリターンを目指し利益重視で株式ETFを中心に運用
  • インカムポートフォリオ」はリスクを抑え着実な利益を目指す国債ETFを中心に運用
  • 「インフレヘッジポートフォリオ」はイベントリスクを低減を目的に実物資産や物価連動債などに運用
THEO ポートフォリオ
THEO 構成
(2020年4月時の情報)

 

手数料

THEO(テオ)とTHEO(テオ)+docomoの手数料体系は共通で、預かり資産額の0.65%~1.00%(税別・年率)のみで、それ以外はかかりません。

入金・出金の手数料や為替手数料、ETF取引手数料は0円となっています。

THEO(テオ)+docomoHPより

THEO 割引

THEO 手数料

(2020年4月時の情報)

THEO(テオ)THEO(テオ)+docomo取引システムは共通
THEO(テオ)THEO(テオ)+docomo手数料は共通

 

THEO(テオ)+docomoのみの機能・制度

それでは、ここからはTHEO(テオ)+docomoのみの機能や制度について見てみます。

THEO(テオ)+docomoのみの機能や制度には「THEO(テオ)+docomoのColor Palette」適用条件、「dポイントと連携で毎月ポイントがもらえる」「dカードと連携すればおつり積立ができる」「ドコモ口座との連携」があげられます。

 

THEO(テオ)+docomoのColor Palette

Color Palette(カラーパレット)は運用手数料の割引制度で「ホワイト:1%~レッド:0.65%」の手数料に分かれます。

運用資産額+適用条件によって割引率が決まります。THEO(テオ)の場合は毎月積立対象期間内で出金がない場合は資産額に応じた割引率が適用されます。

THEO(テオ)+docomoの場合は、さらに条件が加わり、dカードGOLD会員dカードでおつり積立を設定する必要があります。

上記を条件を満たさない「ホワイト:1%」の手数料となります。

THEO(テオ)+docomoHPより

THEO(テオ)+docomo 割引条件

(2020年4月時の情報)

 

dポイントと連携で毎月ポイントがもらえる

THEO(テオ)+docomoでは運用資産額に応じて毎月dポイントがもらえます。運用資産額1万円ごとに毎月1ポイントもらえて、50万円の運用で月50ポイント、年間では600ポイントもらえます。

さらに、ドコモ回線を使っていればもらえるポイントが1.5倍になるのでドコモユーザーにはかなりおトクな制度です。

THEO(テオ)+docomoHPより

THEO(テオ)+docomo Dポイント

(2020年4月時の情報)

 

おつり積立

dカードで買い物し、設定金額に応じて出た端数を「おつり」として自動でTHEO+ docomoに積み立てできる機能です。

設定金額500円の時に、350円の買い物をした場合は(500-350=150)150円が自動的に積み立てされます。

THEO(テオ)+docomoHPより

THEO(テオ)+docomo おつり積立

(2020年4月時の情報)

 

ドコモ口座との連携

ドコモ口座と連携することでワンクリックでの入金や、THEO+ docomoで運用中の資金の一部をドコモ口座に出金することができます。

ただし、積立設定にはドコモ口座は使えません。

THEO(テオ)+docomoHPより

THEO(テオ)+docomo ドコモ口座連携

(2020年4月時の情報)

THEO(テオ)+docomoの割引条件は毎月積立対象期間内で出金しないdカードGOLD会員dカードでおつり積立を設定する
毎月dポイントが運用資産額1万円ごとに1ポイントもらえる
普段の買い物で気軽に少額積み立てできる
ドコモ口座と連携することでワンクリックで入出金できる

まとめ

THEO(テオ)+docomoはdポイントを普段から使ったり、貯めたりしている人には資産運用しながらdポイントも有効活用できるので便利なサービスですね。

ただ、dポイントを使っていない、貯めていないという人には、手数料の割引条件などの理由からTHEO(テオ)のほうが良いですね。

 

 

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

【ウェルスナビのポイント】
・ロボアドバイザーの自動運用で、時間も手間もかかりません。
・国際分散投資を自動運用。
・手数料は預かり資産の1%のみで、完全に中立な資産運用を。
・世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築。
・自動運用だけにとどまらない、高機能なサービス。

THEO+docomo

(株)NTTドコモ提携したサービス(THEO + docomo)
スマホで、1万円からはじめられる。自動積立もできるから、ほったらかしで資産運用
機関投資家も採用している高度な運用手法を、アルゴリズムの力で全ての人に。.AIを活用してさらなる安心を。
最大30種類以上のETFを組み合わせて231通りの中から、お客様に適したポートフォリオをご提案。
手数料は年率・税抜きで1%のみ。売買手数料や為替手数料は全てTHEOが負担いたします。
国内主要ロボアド唯一のAI搭載(2018年8月末時点)。AIが資産の大幅下落を予想して、リスクを回避

資産成型をサポートしてくれる3つのロボアドバイザー!
1.「投信工房」は、簡単な質問に答えるだけで、最適なフォートフォリオの提案や運用のリバランスまでサポートしてくれます。
2.「投信提案ロボ」は、簡単な質問に答えるだけで、スコアの高い投資信託を3つ提案してくれます。
3.「投信見直しロボ」は、運用している投資信託の評価をし、似た条件でよりスコアの高い投資信託を3つ提案してくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました